建築日誌 〜 ただいま建築中! 〜

04月15日 水戸市長 状況視察

2019年04月15日(月)
大手門 - -

平成31年3月上旬


水戸市長が大手門工事現場の
視察のため、来所されました。


ちょうど以前にご紹介した懸魚(ゲギョ:2019年3月10日掲載)を
是非近くで見たいとの事で時間を作っていただき
現場の状況視察も兼ねてご来場されました。


時期的に瓦工事中ということもあり、
水戸市長として記念の瓦を取り付けてもらいました。



(後ほど職人がしっかりと瓦を固定しています)


大手門2階へも行けるようになり、せっかくなので
実際に上がっていただきました。


公務の為、短時間の視察で次のお仕事へ向かわれましたが
最後に激励の御言葉をいただき、現場も一層引き締まりました。

 

 

 

 

 

 

 

03月25日 屋根工事その2・階段設置状況

2019年03月25日(月)
大手門 - -

平成31年2月


前回の屋根状況報告の続きです。
屋根下地が完了したら
その上に土居葺き(どいぶき)という作業をします。



近年の屋根工事では下地にアスファルトルーフィングが
主流ですが、当時は存在しなかったため
このような工法で雨が建物内に浸入するのを
極力防いでいました。
下の写真は土居葺きが完了した状況です。

 

 

また、正面より左側の番所内に
2階へ続く階段も作成中です。
2階の工事作業用として利用するほか、
工事完了後も2階へ上がる手段として残しておきます。

 

03月10日 屋根下地状況

2019年03月10日(日)
大手門 - -

大工棟梁が屋根の現寸を引いています。

 

 

棟梁が設計図を基に描き起こした現寸確認状況です。

 

 

屋根の一番上に立つ予定の鯱(シャチ)瓦も
いよいよ愛知県より現場搬入し、
屋根に乗せる際の細かい納まりの打合せをします。

 

 

現場も屋根下地が出来上がり
野地板工事の後、懸魚(※)が取付けられました。

 

 

懸魚取付前

 

 

懸魚取付後

 

 

※懸魚(げぎょ)・・・屋根の妻側に設置する棟木や
桁の端部を隠すための破風板とセットの装飾材です。


次回も屋根状況を報告したいと思います。

02月25日 素屋根

2019年02月25日(月)
大手門 - -

平成30年12月


無事上棟したので
今度は建物全体を覆う素屋根工事(仮設工事)です。
これができることによって雨の日でも関係なく
作業を進めることができます。

 

これだけ大きい大手門を覆えるだけの仮設材は
相当の量です。
当然、雨だけでなく強風時にも耐えられるよう
ガッシリと作っていきます。


今後は大工さんが細かい部分
(といっても木材が大きいので細かくないですが)
・屋根下地
・垂木
などを組み立てていきます。

02月10日 建具製作状況

2019年02月10日(日)
大手門 - -

平成30年11月


今回は以前紹介した
大手門建具の製作状況報告です。

 

 

建具業者の木材加工場にて現在の加工状況をみさせていただきました。

 

今回は潜戸(くぐりど)ですが、
小扉の方とはいえW1500×H2400…通常の建具よりずいぶん大きいです。

01月25日 無事上棟

2019年01月25日(金)
大手門 - -

平成30年11月7日


水戸城大手門の上棟式です。
水戸市長をはじめとした、多くの関係者方々に
御出席いただきありがとうございました。

 

上棟式の後は御出席していただいた方々に
初の見学会として現場紹介をさせていただきました。
 

 

 

 

参加いただいたほとんどの皆様は現場の規模の大きさに驚いておりました。
歴史的建物の復元工事という
今後の水戸の歴史に残るであろう建物を眺めながら
「これからが本番なのでかんばってください」と
その他にもいろいろと激励の言葉をたくさんいただきました。
私達もますます気を引き締めて
安全に工事を進めていきたいと思います。

 

01月11日 上棟開始

2019年01月11日(金)
大手門 - -

平成30年9月 下旬〜10月


いよいよ上棟です。

 

 

やはり材料寸法が大きく、 連日大工さんが四苦八苦してました。
初日は柱2本のみ。
大工さんが刻み始めて半年、木材も春〜梅雨〜夏〜秋を経て
乾燥収縮が生じ、微妙な狂いを修正しながら
組立て行きます。

9月下旬から開始してだんだん形が見えてきました。
街行く人々も 歩みを止めて見上げる姿が数多くなってきました。

 

 

 

12月25日 上棟直前

2018年12月25日(火)
大手門 - -

平成30年8月


いよいよ建て方直前です。


この工程の為に大工さん達が何カ月もの間
あの大きな材料の
墨付→刻み加工 を繰り返してきました。

もうすぐお披露目です。

下記の写真は
建て方前の刻みが終わった状態の木材です

 


次回は、建て方状況です。
現場も先行足場を準備中です。
 

 

11月10日 水戸城大手門復元整備工事 基礎工事・石工事

2018年11月10日(土)
大手門 - -

平成30年6月〜7月

材料加工場にて大手門の構造体が
職人さんたちによって加工している頃
現場では基礎工事真っ最中です

大手門は木造とはいえ、材料は大きく
規模も大きいです。
しっかりと鉄筋を組合せて堅固に仕上げます

 

 

基礎工事完了後 石工事に取り掛かりました。

 

 

石工事も完了し 他業者による練り塀工事も着工しました。
 

10月25日 水戸城大手門復元整備工事 材料検査途中経過

2018年10月25日(木)
大手門 - -

平成30年5月


今回は木材加工の途中経過報告です。

秋の上棟に向けて木材の検査と加工が着々と進んでいます。

 

 

墨付→ホゾ穴の加工・・・
図面をにらみながら
大工の棟梁(親方)の指示に従い
職人さんたちが一丸となって作業を進めています。

墨付している棟梁は常に大手門を全体を頭の中でイメージしながら
目の前の木材がどの部位にくるのか、上下左右の向きを判断しながら
墨付をしていきます。

 

 

大手門現場では 上棟に合わせ基礎工事中です。
次回はその報告をしたいと思います。
 

  • 吉田工務店が建てた建物を大公開! 施工実績紹介
  • 建築日誌

お問合せ・ご相談はお気軽にお電話ください 029-254-1757お問合せフォームでも受付中!

株式会社吉田工務店 茨城県水戸市大塚町1364−2MAP営業時間:9:00〜19:00定休日:日曜・祝日

PR