建築日誌 〜 ただいま建築中! 〜

02月12日  S邸新築工事 工事完成

2015年02月12日(木)
S邸 新築工事 - -

外構工事も無事終了し、施主様に引渡し致しました。
それでは、完成した建物を御紹介します。


外観



写真1



写真2

南面は景観がよい為、少しでも開口部を多くとれるように
シャッター仕様になっています。
また、ウッドデッキ前は土間コンクリート仕上となっています。


続いて建物内部へ


玄関



写真3



キッチン



写真4



写真5



和室



写真6



2階 洋室 



写真7

床には主にラオス松の無垢材を用いています。
全体的に木を感じられる室内となっております。



最後にこちら



写真8

サンルームには、以前紹介した天窓があります。
また、木材を加工した物干し台を取り付けました。
床にはタイルを敷いています。



12月22日  S邸新築工事 工事の様子

2014年12月22日(月)
S邸 新築工事 - -

上棟以降、更新が遅くなりすみません。

現在工事は佳境となり、引渡しまで間もなくですが、
改めてこれまでの工事を振り返ります。



建物外部




写真1




写真2


屋根は瓦葺きで、一部ガルバリュ−ム鋼板(写真1:赤○)を
使用しております。
色は明るめのものを使用しております。


また、天窓(写真1:赤□)を設けており、端材でカバーを造り
工事期間中ずっと養生をしています。





写真3


今回の新築工事で特徴的な場所が軒天です。

ケイカル板やボードを使用するのが一般的になっていますが、
こちらは全て杉材を使用しています。

一枚一枚現場で加工し、隙間等誤差が生じないよう張り合わせる為
大変な作業となりましたが、手間をかけただけに素晴らしい
仕上がりになりました。

杉材一つ一つに個性があり、それが自然な模様になっています。
玄関にはもう一工夫あり、張り方を変えてアクセントをつけて
います。





写真4 モルタル施工後




写真5 塗装後(軒天含む)


続いて外壁
仕様は、ラスモルタル下地に仕上げがジョリパット吹付です。

軒天やウッドデッキにも防腐・保護剤の塗装を行っております。



建物内部




写真6


手前側がダイニングキッチン、奥が和室になります。
断熱材の敷き込みが終了し、ボード張りを行っている時の
写真です。

天井を塞ぐ前に、電気配線や排気管の設置も行われています。





写真7  ダイニングキッチン




写真8  和室


ボード張り終了後それぞれの部屋の様子です。


キッチンには流し台や棚、建具等の設置が行われています。
天井には照明器具用の加工がしてあります。
部屋の真ん中にある柱は、キズが付かないようにしっかりと
養生してあります。


和室も床の間が出来上がり、雰囲気が感じられます。
天井の一部に杉板を用いています。


内装の仕上げが終われば、いよいよ完成です。

10月24日  S邸 新築工事 基礎〜上棟

2014年10月24日(金)
S邸 新築工事 - -

前回、地鎮祭まで御紹介致しました。


今回は基礎工事から上棟まで御紹介致します。




写真1 (基礎工事前)


地鎮祭で使用した土台や竹は、神様が降臨した場所なので
すぐには壊さず、数日間そのまま残しています。


根切りと砕石敷きを行います。




写真2 (根切り状況)




写真3 (砕石敷き後)



砕石敷き終了後、大事なことが一つあります。

それは、地鎮祭の時にいただいた鎮物を埋めることです。

皆様、意外と忘れやすいので要注意です。




写真4



この後、型枠・配筋工事を行い、いよいよコンクリート打設と
なります。

コンクリートの打設ですが、一番下の段から
ポンプを目一杯伸ばしてコンクリートを送り込みます。




写真5 



コンクリートが固まるのを待ち、型枠を外したあとは
建て方となります。

建物が大きい為、二日に分けて行います。




写真6 (一日目)




写真7 (二日目)



下の段は2階建、上の段は1階建となります。



二日間天気にも恵まれ、無事上棟となりました。

09月24日  S邸 新築工事 造成・擁壁

2014年09月24日(水)
S邸 新築工事 - -

施主様、御協力いただきありがとうございます。

早速ですが、工事は着々と進んでおり、
現在はこのような状況です。




写真1




写真2


かなり進んでいますが、これまでの工事を遡って
御紹介したいと思います。


まずはじめに、

こちらの敷地には傾斜がある為、造成工事から開始致しました。




写真3


写真左に見える岩は、元々土留めに用いられていたものですが、
新たにコンクリート擁壁を作る為、撤去したものです。


なかなかこの大きさの岩積は珍しいので勿体ないと弊社現場監督が
話してたのが印象に残ってます。

こちらの敷地を擁壁で区切り3段に造成します。
(うち、建物は2段目と3段目にまたがって建てます)




写真4 

2段目は盛土を行い、3段目との差を縮めております。

また、写真では1段目から2段目へ上がれないように見えますが




写真5

この様に階段を作ってあります。

もちろん、2段目から3段目にも階段があります。




写真6

※写真5・6とも建築中の写真ですがご容赦ください




擁壁完成後、地鎮祭を斎行し工事の安全を祈願致しました。


  • 吉田工務店が建てた建物を大公開! 施工実績紹介
  • 建築日誌

お問合せ・ご相談はお気軽にお電話ください 029-254-1757お問合せフォームでも受付中!

株式会社吉田工務店 茨城県水戸市大塚町1364−2MAP営業時間:9:00〜19:00定休日:日曜・祝日

PR